blog

[結婚写真のこと] 持ち込みカメラマンのメリット・デメリットは?

結婚式はとびきり幸せな1日だからこそ、あっという間に時間が過ぎていきます。

家族の嬉しそうな表情や、友達の余興、こだわりのドレスに手作りの小物達…これらを当日の思いのまま閉じ込めて残すのが写真の役割です。

 

写真撮影を、会場の提携先で注文するか、持ち込みするか悩まれる方も多いかと思います。

持ち込みカメラマンを選ぶ最大のメリットは、自分好みのテイストの写真を撮ってもらえること。それではデメリットは何でしょうか?

 

持ち込みカメラマンの特徴をまとめてみたので、写真屋選びの参考にしていただければ嬉しいです。

 

 

持ち込みカメラマンの特徴

持ち込みとは、会場が提携している写真屋さんではなく、自分で探したカメラマンに依頼して写真撮影を行うことです。

写真にこだわりたいカップルや、賢く節約したい花嫁さんにおすすめです。

 

持ち込みカメラマンのメリット3つ

①好みのテイストの写真が残せる

「おしゃれ」「上品」「楽しい」「可愛い」「スタイリッシュ」「ナチュラル」…カメラマンの個性はそのまま写真のテイストになります。

持ち込みカメラマンなら、自分たちの結婚式にピッタリ合うイメージのカメラマンを選べるので安心です。

ドレスやヘアメイクと同じように、ぜひ自分の好みで選んでみてください。

 

②良いカメラマンが多い

わりと主観になりますが…持ち込みをやっている写真屋さんは上手なカメラマンが多いです。

というのも、大手の写真屋さんなどで経験を積んで、自分で独立した人達が多いからです。

そこそこ腕があり、独立するほどこの仕事が好きで、自分のやりたい写真があり、ウェディングフォトに対する思いも人一倍。

びっくりするぐらい一生懸命写真を撮ってくれますよ。

 

③うまく選べば節約にも

提携の写真屋さんは、基本的に会場にマージンを支払っているので、その分お値段が割高になります。

外注であればその分コストカットできるため、お財布にも優しくなることが多いです。

 

デメリットもあります…

①選ぶのが大変

結婚式準備はしなければならないことが沢山あります。

数ある写真屋から持ち込みカメラマンを選ぶのはかなりの労力です。

仕事や家事をこなしながら、準備の時間を作るのは簡単ではありませんよね。

インスタグラムやgoogleでのリサーチが好きな方でないと、ちょっと大変かもしれません。

でも路地裏の美味しいレストランみたいに、見つけた時にはかなり嬉しいと思います…!

 

②そもそも持ち込みができるかどうか問題

会場によって、持ち込み自由なところ、持ち込み料がかかるところ、持ち込みOKでも挙式会場は着席していないとだめなところ、持ち込み完全禁止のところ、色々な条件があります。

せっかく安かったのに、持ち込み料を入れたら結果高くなってしまうなんてこともあります。

持ち込みカメラマンを検討される際にはまずプランナーさんに条件を確認してみてくださいね。

 

 

まとめ

結婚式の写真屋選び、まずは会場の提携先をチェックしてみてください。

見本のアルバムを見て写真が気に入り、お値段も納得がいけば、なんの問題もありません。そこに決めましょう。

 

でももし、ちょっと違うな、と思うことがあれば持ち込みが可能かどうか確認をしてから、ぜひ他の写真屋さんも見てみてください。

気になる写真屋さんを見つけたら、問い合わせをして、可能であればカメラマンに会ってみましょう。

スナップカメラマンは1日一緒にいますから、フィーリングが合うことも大事です。

 

お気に入りの写真屋さんが見つかりますように!

CONTACT

まずは、お気軽に無料相談から。
お電話または下記お問い合せからご連絡ください。

お電話でのお問い合わせは

050-1175-0382