blog

[結婚写真のこと] ①スタジオ写真って何?

結婚式の「スタジオ写真」って何?

結婚式当日に撮影する「スタジオ写真(フォーマル写真、型物)」は、昔ながらの伝統的な写真です。

式場に入っている写真室のスタジオで撮影をしたり、レストランウエディングなど写真室が無い会場だと専門のカメラマンがライトやひな壇などの機材を持ち込んで、スタジオのようなセッティングを作って撮影することもあります。

 

スタジオ写真の特徴

スタジオ写真は、おふたりの衣装ごとのポートレートや、親族集合写真を撮影することが多く、大判にプリントした写真を台紙に貼り、クラシカルで上質な印象の仕上がりとなります。

結婚式の写真の基本なので、婚礼のプランに含まれていることが多いです。

以下にスタジオ写真の特徴をまとめます。

 

  1. フォーマルな集合写真が撮れる

両家親族が正装で集まる機会はなかなかありませんから、ぜひ記念写真を撮影したいですよね。

スナップ写真で集合写真を撮ると、場所によってはお顔の重なりが出てきたり、一部分の人が影になったり明るすぎてしまうことがあります。

スタジオでは安定した光量が確保できるのと、集合写真を撮るためのひな段があるため、皆さんのお顔がしっかり写ります。

また、スタジオ写真は大判サイズでプリントされるため、写真になった後もひとりひとりのお顔が見やすいです。

挙式に来られなかった親戚に、相手の親戚をご紹介するのにもぴったりです。

 

  1. 確実に撮れる

スタジオ写真を撮影する場合、会場が写真のための時間をしっかりと確保してくれます。

たとえば当日お支度に思いのほか時間がかかってしまったという場合、スナップ写真の時間は削られて撮影できるカット数が少し減ってしまいますが、スタジオ写真は確実に撮影させてもらえます。

なぜかというと、数百カット撮影するスナップ写真と違い、スタジオ写真はその1カットのために20,000〜30,000円お支払いいただくような商品だからです。※金額は写真屋さんによって違います

確実に撮影したい記念写真などは、スタジオ写真で撮影するのがおすすめです。

 

  1. 安定したライティング

スタジオの最大の特徴は、しっかりとしたライティングができることにあります。

おふたりには、スタジオの中でポーズをとってもらい、そこに光量の大きいライトでお顔や衣裳が一番きれいに見えるようにライティングします。

そうすることで立体感が出せて、人も衣装もとても綺麗に撮影ができます。

特に繊細なレースや刺繍があるドレスは、太陽の光や会場のスポットライトが当たると白飛びしてしまいディテールが見えなくなることがありますが、スタジオ写真ではそうした細かな模様も撮影できます。

 

  1. 和装の形

衣装の話が続きますが、和装を着られる方には特にスタジオ写真はおすすめです。

白無垢や色打掛、黒引きなど、婚礼の和装は裾が長くなっていますよね。

挙式や披露宴中は動きやすいように手でつまんで持ったり、着付け師さんがまとめ上げて止めてくれたりするので、実はお着物全体が見える状況というのはかなり少ないのです。

成人式の写真を撮った方は記憶にあるかもしれませんが、お着物を綺麗に撮ろうとすると、袖に板をいれたり、いろんなところをクリップで止めたりする必要がでてくるので、スタジオ撮影が最適ということになります。

 

スタジオ写真まとめ

いくつかスタジオ写真の特徴をあげましたがいかがでしょうか。

スタジオ写真のメリットをまとめると、

・綺麗に確実に撮影できる

・伝統的な、大判の上質な写真が残せる

・家族や親族へのフォーマルな贈り物としても最適

以上のことから、なかなか無い両家の親族が集まる機会や、こだわって選んだ婚礼衣装をしっかりと残したい!という方は、スタジオ写真を残されるのがおすすめです。

ただし、スタジオ写真は1カットの値段が高いため、カット数が少なく、データがもらえない(買取はできたりできなかったり…)というデメリットもあります。

そこで、このデメリットを補ってくれるのがスナップ写真となります。

CONTACT

まずは、お気軽に無料相談から。
お電話または下記お問い合せからご連絡ください。

お電話でのお問い合わせは

050-1175-0382